MANTANWEB(まんたんウェブ)

小松菜奈:「キネ旬」新人女優賞 10代最後の撮影で「血を吐くんじゃないかと」

映画
「第90回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式に登場した小松菜奈さん

 女優の小松菜奈さんが5日、東京都内で行われた「第90回キネマ旬報ベスト・テン」(キネマ旬報社主催)の表彰式に出席。「溺れるナイフ」「ディストラクション・ベイビーズ」などで新人女優賞を獲得した小松さんは「評価していただいた作品は、一昨年撮影を順番にしていった。自分の心が追いつかないぐらい全身全霊で戦った年でした。『溺れるナイフ』の現場は、血を吐くんじゃないかというぐらいつらい現場だった」と明かしながら、「それが10代最後にでき、すばらしいキャストの中で夏芽という役を演じることができて感謝しています」と感慨深く語った。

 小松さんは「溺れるナイフ」では都会から来たティーン誌のモデル・夏芽、「ディストラクション・ベイビーズ」では若者の無軌道な行動に巻き込まれていく少女・那奈(なな)を演じた。小松さんは夏芽役を振り返り、「すべてをむき出しに、無我夢中でただただ走り続ける現場だったんですが、10代最後で演じられ、私の中で大切な作品になりました」とコメントし、「これからも努力を惜しむことなく頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 「キネマ旬報ベスト・テン」は、米アカデミー賞より1回多いという長い歴史を誇る映画賞。今回は2016年公開の映画を対象に同誌の選考委員が選出した。日本映画作品賞にはこうの史代さんのマンガが原作の劇場版アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が選ばれた。同賞にアニメが選出されるのは、1988年の「となりのトトロ」以来28年ぶりとなる。片渕監督は日本映画監督賞と読者選出日本映画監督賞も受賞した。

◇「第90回キネマ旬報ベスト・テン」各賞は以下の通り(敬称略)。

日本映画監督賞:片渕須直(この世界の片隅に)▽日本映画脚本賞:庵野秀明(シン・ゴジラ)▽主演女優賞:宮沢りえ(湯を沸かすほどの熱い愛)▽主演男優賞:柳楽優弥(ディストラクション・ベイビーズ)▽助演女優賞:杉咲花(湯を沸かすほどの熱い愛ほか)▽助演男優賞:竹原ピストル(永い言い訳)▽新人女優賞:小松菜奈(溺れるナイフほか)▽新人男優賞:村上虹郎(ディストラクション・ベイビーズほか)▽外国映画監督賞:クリント・イーストウッド(ハドソン川の奇跡)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る