MANTANWEB(まんたんウェブ)

観月ありさ:26年連続&30本目の連ドラ主演 フジ日9で“骨好き”標本士に

テレビ
ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」に主演する観月ありささん

 女優の観月ありささんが、4月期に放送される連続ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(フジテレビ系、日曜午後9時)に主演することが24日、分かった。26年連続、30本目の連続ドラマ主演となる観月さんは「純粋に役をいただけて“26年連続”という記録を今回更新できることにとても感謝しています。同時に、今作が通算30作品目の連ドラ主演ということも非常に感慨深いです。感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います」とコメントしている。

 ドラマは2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」に掲載された、太田紫織さんのWEB小説が原作。日本に数人しかいない骨格標本を組み立てる「標本士」である九条櫻子(観月さん)は、美人で名家のお嬢様ながら、「三度の飯より骨が好き」という変わり者。そんな櫻子と、博物館の新人事務員・館脇正太郎が、さまざまな死体や事件現場に遭遇。その謎を解き明かしていく……というストーリー。観月さんは2007年4月期のドラマ「鬼嫁日記 いい湯だな」以来10年ぶりに同局の連ドラで主演を務める。

 今回演じる櫻子というキャラクターについて、観月さんは「また一つ新しいキャラクターを演じられることを楽しみにしています。これまでも(ドラマ『ナースのお仕事』シリーズの)朝倉いずみや(実写ドラマ)サザエさんなど、とても個性的なキャラクターを演じさせていただきましたが、今回もタイトルに負けないようなインパクトのあるキャラクター“櫻子さん”を演じていきたいです」と意気込みを語った。

 プロデューサーの森安彩さんは、観月さんの起用理由について「どんな役も自分のものにしてしまう圧倒的な存在感と、美しい立ち姿で凜(りん)とした格好いい大人の女性である観月さん。外見は骨にしか興味がない、男言葉で毒っ気あるセリフをバンバン吐く、いわゆる“変人”ですが、内面には深い人間性が隠れている櫻子を、説得力を持って表現できるのは観月さんしかいないと思いました」と説明している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る