MANTANWEB(まんたんウェブ)

菅田将暉:「世にも奇妙な物語」初出演で“カメレオン俳優”に 自身に重なり「やらなくては…」

テレビ
「世にも奇妙な物語’17 春の特別編」のオムニバス作品「カメレオン俳優」のワンシーン

 俳優の菅田将暉さんが、4月29日に放送されるフジテレビ系のオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語’17 春の特別編」で“カメレオン俳優”を演じることが30日、明らかになった。「世にも奇妙な物語」シリーズ初出演で、オリジナル作品「カメレオン俳優」に主演する菅田さんは「なんとなくセルフパロディーじゃないですけど、僕自身、今までいろいろな役をやらせていただいてきた経験とも重なります。お話をいただいた瞬間、これはぜひやりたい、やらなくてはと感じました」と明かしている。

 「カメレオン俳優」は、菅田さん演じる若手人気俳優の工藤圭太が、初主演ドラマの撮影でプレッシャーに押しつぶされそうになるが、マネジャーから一時的に思い通りの人間に変身できるという秘薬“カメレオーネ”をもらい、使ってみる。それ以降、工藤は薬を使い難役を次々とこなす。数日後、カメレオン俳優ランキングでトップを走る八巻卓朗(平山浩行さん)と共演し、1日1回までと制限されていた薬を多用しようとして……というストーリー。お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん、山崎紘菜さん、大和田伸也さんらも出演する。

 菅田さんは、物語について「冒頭の『今はちょっと笑うだけでキャーキャー言われるけど、これからはハートのお芝居しなきゃダメだぞ』っていうせりふが妙に“ツボ”で、『これはやりたいな』と思いました」と話し、カメレオーネについては「あればいいですよね! 『便利だなあ、あと値段はいくらなんだ?』って思いますけど、その欲望には負けちゃいけないと思います。でも実際にあったら、1回ぐらい使ってみたいなあ」と語っている。

 さらに「特殊メークだったり、ビジュアルの分かりやすい変化もあるのですが、ところどころ自力でやっていかないといけないので、そこをぜひ見てほしいですね。物語の設定上は薬で変身していますが、実際には薬の力はないので……(笑い)。自分への試練でもあると思うのですが、メークに頼っちゃいけないと思いますし。ドラマを見ている方には『薬を投与しているから』というふうに見てもらえればうれしい」とコメントしている。

 「世にも奇妙な物語’17 春の特別編」は、4月29日午後9時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る