MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「美女と野獣」 エマ・ワトソンが歌い踊る! あのダンスシーンも“再現”

映画
映画「美女と野獣」のメインビジュアル (C)2017 Disney Enterprises,Inc. All Rights Reserved.

 日本では1992年に公開され、大ヒットしたディズニーアニメーションを実写映画化した「美女と野獣」(ビル・コンドン監督)が21日に公開される。「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知られる英女優のエマ・ワトソンさんが、夢見がちだが聡明で芯のしっかりした美しい娘ベルを好演し、伸びやかな歌声を聴かせてくれる。もちろん、あのベルと野獣のダンスシーンも“再現”されている。

 ある城に、魔女の呪いによって野獣の姿に変えられた王子(ダン・スティーブンスさん)が住んでいた。彼が元の姿に戻るためには、魔法のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、そして愛されることが必要だった。一方、小さな村に、読書好きの聡明(そうめい)な娘ベル(ワトソンさん)が、父(ケビン・クラインさん)と暮らしていた。ある日、市場へ出かけたまま行方不明になった父を捜しに出たベルは、森の中に建つ城にたどり着く。そこは野獣の住む城だった……というストーリー。ほかに、ユアン・マクレガーさんやエマ・トンプソンさん、ルーク・エバンスさんらが出演している。

 物語の展開はオリジナルを見ていれば予想はつく。それでも、映画のハイライトである、ボールルームに続く階段を、黄色いドレスを着たベルと青いフロックコート姿の野獣がゆっくりと降りてきて、あの名曲に乗って踊り始めるゴージャスかつロマンチックなダンスシーンには、うっとりと見とれてしまった。ベルと野獣の過去や、燭台(しょくだい)や置き時計に姿を変えられた使用人たちの“素顔”を垣間見る一コマが加わったお陰で、登場するキャラクターたちにも深みが出た。ベルと心を通わせ、徐々にチャーミングになっていく野獣の表情の変化にも注目したい。21日からTOHOシネマズ日劇(東京都千代田区)ほか全国で公開。(りんたいこ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る