MANTANWEB(まんたんウェブ)

竹内涼真:高畑充希主演ドラマでワイルド役に挑戦 「こんなに悩むの初めて」

テレビ
7月スタートの連続ドラマ「過保護のカホコ」に出演する竹内涼真さん=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さんが、7月にスタートする高畑充希さん主演の連続ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)に出演することが15日、明らかになった。人気特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」の主人公を演じたことでも知られる竹内さんが、今作では、親に捨てられて養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちして大学の学費を稼ぎながら画家を目指す“ワイルド”な大学生の麦野初を演じる。竹内さんは「正直、すごく難しい役」「自分でもやったことのない役なので、役に関してこんなに悩んでいるのは初めて」と苦悩を語っている。

 さらに「このタイミングで試練がきたんだと思います。すごく考えて悩んでいるので、これを乗り越えて、この麦野という役をきちんと演じることができたら自分も成長できるのでは」といい、「(ドラマが)終わった後にはいろんなことが学べた現場だと言えるようにしたい」とメッセージを寄せている。

 また高畑さんとは初共演で「(高畑さんから)『一緒に頑張ろうね!』と声を掛けていただきました。先日、リハーサルで一緒に演技をやらせてもらったのですが、台本でイメージしていたよりも、掛け合いをスムーズにやる事ができたんです。なので、回を重ねるごとに僕から(演技を)仕掛けていけるようになりたい」と意気込んでいる。

 「過保護のカホコ」は、21歳にして生活の全てにおいて親任せで超過保護に守られて生きてきた“究極の箱入り娘”の女子大生・カホコ(高畑さん)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会って成長していくホームドラマ。脚本は同局の大ヒット作「家政婦のミタ」の遊川和彦さんが務め、カホコを溺愛し、娘の全てを把握していないと気が済まない母・泉役で黒木瞳さん、過保護に育ったカホコの将来を案じながらも厳しくできない父・正高役で時任三郎さんが出演する。

 泉の母・初代役で三田佳子さん、泉の父・福士役で西岡徳馬さん、正高の父・正興役で平泉成さんが演じ、佐藤二朗さん、中島ひろ子さん、西尾まりさん、夙川アトムさん、久保田紗友さん、濱田マリさん、梅沢昌代さんも出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る