MANTANWEB(まんたんウェブ)

鈴木達央:「24」で“ジャック・バウアー”小山力也と「声の波形が全く一緒」

アニメ テレビ
ドラマ「24-TWENTY FOUR- レガシー」と「プリズン・ブレイク シーズン5」のトークイベントに登場した鈴木達央さん

 声優の鈴木達央さんが24日、東京都内で開かれた「24-TWENTY FOUR- レガシー」と「プリズン・ブレイク シーズン5」のイベントに登場した。「24-TWENTY FOUR-」シリーズの前作までの主人公だったジャック・バウアー役の小山力也さんに代わり、最新作「レガシー」で新主人公エリック・カーター役の声を担当する鈴木さんは「自己満足かもしれませんが、うれしいことがあって。打ち上げの席で音響の担当者から『力也さんの芝居とか意識していた? 力也さんと声の波形が全く一緒』と言われて……」と明かしていた。

 鈴木さんは、声の波形の指摘について「自己満足かもですが、シリーズと(最新作)『レガシー』の接合点を作れたのかな。今日初めてジャックの力也さんと一緒に並ばせていただいて、こういう場所にいられるのが幸せ」と話すと、小山さんは「(波形の一致は)びっくりしました。こんな汚い声と一緒なんて大変だな」と照れ隠ししながら、「うれしいですね。(新主人公が)たっつん(鈴木さん)で良かった。彼は自分に厳しい人間なので」と“太鼓判”を押していた。

 「24 -TWENTY FOUR-」は、米国の組織「CTU(テロ対策ユニット)」の捜査官ジャック・バウアーがテロリストと戦う人気ドラマ。最新作の「レガシー」は、陸軍部隊の精鋭・エリック・カーターが凶悪なテロを阻止するという内容で、キーファー・サザーランドさんが製作総指揮として参加する。

 「プリズン・ブレイク」は、IQ200の天才、マイケル・スコフィールド(声・東地宏樹さん)が、死刑囚となった兄・リンカーン・バローズを救うためわざと刑務所に行き、脱獄して逃げ延びるという人気ドラマ。「シーズン5」では、前作から7年後が舞台で、死んだはずのマイケルの生存を裏付ける証拠が見つかるところから物語が進む。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る