MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「ドラゴンクエスト11」がV2

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「ドラゴンクエスト11」(PS4・3DS、スクウェア・エニックス)が貫禄のV2を達成しました。従来のドラクエファンは3DS版、FFやモンハンに親しんできた昨今の若いゲーマーはPS4版という具合にすみ分けができているようですね。3位の「大逆転裁判2」(3DS、カプコン)はやや苦戦という印象。ユーザー層が重複する「レイトン ミステリージャーニー」(同、レベルファイブ)が発売されたばかりということも影響したのかもしれません。お盆シーズンを控えているだけに今後に期待しています。

 また、往年の人気シリーズをリマスターした「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」(PS4、SIE)は大欠品。昨年発売された同ジャンルの「ラチェット&クランク THE GAME」も当時欠品しましたし、こうしたタイトルにはこれからも注目していきたいですね。

 ◇今週の動き

 お盆シーズンの2週間もトップは「ドラゴンクエスト11」と予想。まだまだ売れていくでしょう。放送中のアニメも話題の新作「スナックワールド」(3DS、レベルファイブ)もキッズ層の人気を集めてくれると見ています。

 ◇ランキングは次の通り(7月31日~8月6日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ドラゴンクエスト11(PS4)
2位 ドラゴンクエスト11(3DS)
3位 大逆転裁判2(3DS)
4位 スプラトゥーン2(NS)
5位 クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!(PS4)
6位 レイトン ミステリージャーニー(3DS)
7位 マリオカート8 デラックス(NS)
8位 Hey!ピクミン(3DS)
9位 ファイナルファンタジー12 ザ ゾディアック エイジ(PS4)
10位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(NS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る