MD松尾のヒット解析:「モンハン」スイッチでも人気! 「みんGOL」新作に期待

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「モンスターハンター ダブルクロス」(NS、カプコン)が予想通りの初登場首位を獲得。3DSからの移植タイトルになるのですが、6月に発売された「アームズ」(同、任天堂)を上回る初動を記録しました。ハードの普及が進んでいればさらに売れたと思いますが、好調な滑り出しだといえそう。2位以下には「ドラゴンクエスト11」(PS4・3DS、スクウェア・エニックス)、「スナックワールド トレジャラーズ」(3DS、レベルファイブ)がスライド。「スナックワールド」は学校が始まってしまうので、来週以降若干落ちてしまうとは思いますが、この夏かなり好調だったので、今後も息の長い販売が期待できそうです。

 ◇今週の動き

 夏休みも終わりを迎えますが、新作ラッシュですね。「New みんなのGOLF」(PS4、SIE)がトップでしょう。定番ゴルフゲーム久々の新作となりますが、“ファミコンミニ”、「ドラゴンクエスト11」などのヒットで高い年齢層が家庭用ゲームに復帰しており、そうした“かつてのゲーマー”にとってもなじみ深いタイトルとして幅広い支持を集めそうです。2位以下にも「世界樹と不思議のダンジョン2」(3DS、アトラス)、「よるのないくに2」(PS4、コーエーテクモゲームス)と新作が入るとみています。

 ◇ランキングは次の通り(21~27日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 モンスターハンター ダブルクロス(NS)
2位 ドラゴンクエスト11(3DS)
3位 ドラゴンクエスト11(PS4)
4位 スナックワールド トレジャラーズ(3DS)
5位 スプラトゥーン2(NS)
6位 マリオカート8 デラックス(NS)
7位 深夜廻(Vita)
8位 深夜廻(PS4)
9位 大逆転裁判2(3DS)
10位 ドラゴンクエスト10 オールインワンパッケージ(PS4)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る