哀川翔&福地桃子:娘が明かす父の意外な素顔「四つ葉のクローバーを育てている」

映画「あしたは最高のはじまり」のイベントに登場した哀川翔さん(左)と福地桃子さん親子
1 / 7
映画「あしたは最高のはじまり」のイベントに登場した哀川翔さん(左)と福地桃子さん親子

 俳優の哀川翔さんが30日、東京都内で行われた映画「あしたは最高のはじまり」(ユーゴ・ジェラン監督、9月9日公開)のスペシャルトーク付き試写会に、次女で女優の福地桃子さんとともに登場。福地さんは哀川さんの意外な一面を聞かれ、「おうちでは植物に優しい。植物に水をあげるのが父の仕事みたいになっていて。最近は四つ葉のクローバーを育てていたりして、すごく楽しみに育ててましたね」と明かし、哀川さんは「なんだよ、それ」と照れ笑いしていた。

 さらに、哀川さんは「四つ葉のクローバー」について、「育てて、出てきたのがね、全部三つ葉なんだよ。四つ葉って書いてあったのに、出てきたのが全部三つ葉。それが俺、一番驚いた」と語り、周囲を笑わせていた。その後、福地さんから哀川さんに、四つ葉のクローバー柄のネクタイがサプライズでプレゼントされ、哀川さんは「いいね、これ。俺、そこまで四つ葉のクローバー好きじゃないんだけど、いいね、これ」と満面の笑みを浮かべて喜んでいた。

 また、イベントでは10月に20歳を迎える福地さんが抱負を聞かれ、「今、パクチーを食べられないんです。だから、パクチーを克服したい」とコメント。それに対し、「パクチーは食えなくてもいいと思う」と哀川さんが言うと、福地さんが「父も嫌いなんです」と暴露していた。

 「あしたは最高のはじまり」は、2016年にフランスで公開された映画。映画「最強のふたり」に出演した俳優でコメディアンのオマール・シーさんの最新主演作で、人生はパーティーと恋、ダンス、酒さえあればいいという男が、ある日突然8歳の女の子のシングルファザーとなり、ゲイの友達のサポートを受けながら“男手二つ”で奮闘する……というストーリー。

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事