MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「三度目の殺人」福山、役所、すずが是枝監督の法廷心理サスペンスを重厚に彩る

ブック 映画
映画「三度目の殺人」のワンシーン(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

 歌手で俳優の福山雅治さんが主演する映画「三度目の殺人」(是枝裕和監督)が9日からTOHOシネマズスカラ座(東京都千代田区)ほかで公開される。これまでホームドラマを中心に撮ってきた是枝監督が、オリジナル脚本で描く法廷心理サスペンスだ。福山さんが演じる弁護士と殺人容疑で起訴された男(役所広司さん)が接見室のガラス越しに対峙(たいじ)するシーンの緊張感とリアリティーに圧倒させられる。福山さん、役所さんに加え、被害者の娘を演じた広瀬すずさんの3人のキャストの演技が、重厚なストーリーを立体的に彩り、極上のサスペンスに仕上がった。

 勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山さん)は、解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された男・三隅(役所さん)の弁護をやむを得ず担当することになった。30年前にも殺人の前科がある三隅はすでに犯行を自供し、死刑が決まったような裁判だったが、無期懲役に持ち込むために調査を進めるうち、重盛は違和感を覚えるようになる。会うたびに動機さえもころころ変わる三隅の供述に、やがて重盛は「事件の真実を知りたい」と思うようになる……というストーリー。広瀬すずさんが三隅と事件前に頻繁に会っていた被害者の娘・咲江を演じているほか、斉藤由貴さんが被害者の妻を、吉田鋼太郎さんと満島真之介さんが重盛とともに三隅の弁護を担当する弁護士を演じる。事件の担当検察官役で市川実日子さん、重盛の父役で橋爪功さんも出演する。

 福山さんは「そして父になる」以来4年ぶり、広瀬さんは「海街Diary」以来2年ぶりの是枝監督の作品への出演。役所さんは初参加だが、以前から是枝監督とは面識があり、監督の作品に出演したいという思いが強かったようだ。その3人が是枝監督と共に重厚な法廷心理サスペンスに挑んだ。福山さんは昨年の「SCOOP!」(大根仁監督)とはうって変わって硬派な弁護士を、髪形とスーツをビシッとキメて好演。接見室での三隅に向かって「今度こそ本当のことを教えてくれよ!」と迫るシーンは勝ち続けてきた男の心の迷い、揺れが見事に表情に表れていた。福山さんと初共演という同郷(長崎県)の役所さんは、真実を語ろうとしない三隅の不気味さをリアルに体現した。広瀬さんは、他の作品で見せていた“元気キャラ”を封印し、暗い秘密を抱えた女子高生を熱演している。

 今作は是枝監督が「法廷は真実を明らかにする場所ではない」と弁護士に聞いたことに端を発しているという。では真実とはどこにあるのか。二度殺人を犯した男の「三度目の殺人」とは? その意味を知ったとき、観客も自身の“正義”について深く考えさせられるだろう。(細田尚子/MANTAN)

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る