MANTANWEB(まんたんウェブ)

広瀬アリス:「制服がつらくなる」と早期の続編を希望

ブック 映画
映画「氷菓」の公開御礼イベントに登場した広瀬アリスさん

 女優の広瀬アリスさんが5日、東京都内で開かれた映画「氷菓」(安里麻里監督)公開御礼イベントに登場した。ヒロインのお嬢様・千反田(ちたんだ)える役を演じた広瀬さんは「(続編があるなら)早くやらないと制服(姿)がつらくなる。やりたいなと思います」と早期の製作を希望して盛り上げた。

 イベントには、山崎賢人さんと安里監督も出席した。事前に募集したファンからの質問にも答え、受験を間近に控えた浪人生から不安解消の方法を問われた広瀬さんは「こう見ても緊張するので、私はやるべきことはやりつくして、堂々待っています」と自身のスタイルを告白。山崎さんから「格好良いですね」と絶賛されると、「やるだけやって、現場で(せりふを)かむ」と“自虐”して笑わせていた。

 「氷菓」は、ミステリー作家の米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)さんの小説「古典部シリーズ」の第1作が原作で、2012年には京都アニメーション制作でテレビアニメ化もされた。最低限のことしかやらない“省エネ主義”ながら優れた推理力を持つ高校生・折木奉太郎(おれき・ほうたろう=山崎さん)が、姉の命令で入部した廃部寸前の「古典部」を舞台に、好奇心旺盛なえるに巻き込まれながら、33年前に学園で起きたある事件の謎を解き明かす……という内容。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る