MANTANWEB(まんたんウェブ)

上遠野太洸:ライダー俳優「免許持ってない」と告白

テレビ
トヨタ博物館で行われたドラマ「真夜中のスーパーカー」の会見に出席した上遠野太洸さん

 特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」で仮面ライダーチェイサーを演じた俳優の上遠野太洸(かとおの・たいこう)さんが15日、愛知県長久手市の自動車博物館「トヨタ博物館」で、山本美月さん主演のドラマ「真夜中のスーパーカー」(NHK・BSプレミアム)の会見に出席した。昨年、発売から50周年を迎えたトヨタのスーパーカー2000GTを題材にしたドラマで、同車に乗ってどこに行きたいかと聞かれると「僕、まだ免許を持っていないので乗れない……」と告白し、「乗ることができたら、目的地というよりは、ただ走らせて体で感じたいですね」と笑顔を見せた。

 「真夜中のスーパーカー」は、NHK名古屋放送局が制作する地域発ドラマで、古今東西の世界の名車が並ぶ自動車博物館を舞台にしたファンタジー作品。伝説のスーパーカーに憧れるカーデザイナーの白雪(山本さん)が、夜の自動車博物館で、日系ブラジル人4世のリカルド(上遠野さん)と出会い、白いレーシングスーツに身を包んだ謎の男(唐沢寿明さん)の不思議な力で、そろって博物館に閉じ込められてしまう……というストーリー。2000GTと、レクサスLFAのレースシーンもある。

 上遠野さんが演じるリカルドは、祖父も自分も自動車工場に勤めた日系ブラジル人4世という役どころ。上遠野さんは、役作りのために「実際に日本で出稼ぎをしている日系人の方のドキュメンタリーを見た」といい「日系人の方たちの心情を悲劇的にではなく、現実としてどういう思いを抱きながら生きているのかを表現して伝えていきたい」と意気込みを語った。

 放送は3月28日午後10時から。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る