MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「リバーズ・エッジ」二階堂ふみ&吉沢亮が共演 青春の欲望と焦燥感が心に突き刺さる

映画 マンガ
映画「リバーズ・エッジ」の一場面 (C)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

 女優の二階堂ふみさん主演映画「リバーズ・エッジ」(行定勲監督)が16日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。1993~94年にファッション誌「CUTiE」(宝島社)で連載された岡崎京子さんの同名マンガが原作。どこか生きづらさを感じている今時の女子高生ハルナらが、共犯者めいた不思議な絆を感じつつ、日常の中での違和感や孤独、欲望など、若者たちの揺れ動く心の動きや思い悩む姿を描いている。

 ある日、女子高生の若草ハルナ(二階堂さん)は、恋人の観音崎(上杉柊平さん)がいじめているゲイの山田(吉沢亮さん)を助けると、夜の河原に誘われ、放置された死体を目にする。宝物として死体の存在を共有しているという、過食と嘔吐(おうと)を繰り返すモデルの吉川こずえ(SUMIREさん)が現れ、普通とは異なる友情で結ばれる。一方、父親の分からない子供を妊娠するハルナの友人・小山ルミ(土居志央梨さん)、山田に好意を寄せる田島カンナ(森川葵さん)など、それぞれの事情を抱える中、新たな死体が見つかり……という展開。

 原作を読んだ際、かなりの衝撃を受けた覚えがある。映画は、独特の風合いを持った原作の世界観を忠実に再現。想像以上に、心を無性にひりつかされるも、どこか心地良さも感じる不思議な気分にさせられた。物語としては非日常なことを描いているが、そこに若者たちの愚直さやストレートな欲望、永遠に解決できないであろう悩みなどが盛り込まれ、自分の境遇に置き換えて感情移入することができた。キャストの好演も光り、それぞれのキャラクターのイメージもぴったり。群像劇のため、どのキャラクター目線で見るかによっても、きっと見え方が毎回変わるだろう。見れば見るほど味が出る、繊細で刺激的な作品だ。(遠藤政樹/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る