MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週のアンナチュラル:石原さとみ主演ドラマ第8話 火事現場の遺体に縛られた痕が 六郎はUDIを解雇?

テレビ
連続ドラマ「アンナチュラル」第8話の場面写真=TBS提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンナチュラル」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が2日、放送される。ビル火災が発生し、「不自然死究明研究所(UDI)」に10体の遺体が運ばれてくる。そのうちの1人は火災前に何者かに殴られ、縛られていた痕跡があった。三澄ミコト(石原さん)、中堂系(井浦新さん)らUDIメンバーは、坂本(飯尾和樹さん)の手も借りながら次々と解剖を進める。また、唯一助かった男が入院した病院はUDIのアルバイト六郎(窪田正孝さん)の父・俊哉(伊武雅刀さん)が勤めており、俊哉はUDIを訪ねてきて、息子を解雇してほしいと言い出す……という展開。

 10体を解剖した結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性を指摘。殺人を隠すための放火ではないかと疑念を抱く。また火災現場で唯一助かった男がいることも判明するが、その男が入院していたのは、UDIにアルバイトとして勤務する六郎の父が勤める病院だった。俊哉はUDIを訪ね、男の病状を伝えると共に、六郎の解雇を申し出る……というストーリー。

 ドラマは、死因究明専門のスペシャリストが集まる「UDIラボ」が舞台で、全国で170人ほどしか登録がないという「法医解剖医」の三澄ミコトが「“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」を解明していく姿を描く1話完結の医療ミステリー。2016年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子さん脚本のオリジナル作。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る