ハイスコアガール:テレビアニメが7月スタート 押切蓮介の“懐ゲー”マンガが原作

テレビアニメ「ハイスコアガール」のビジュアル(C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会(C)SNK(C)CAPCOM CO.,LTD.(C)CAPCOM U.S.A.,INC. (C)BNEI (C)KONAMI (C)SEGA
1 / 1
テレビアニメ「ハイスコアガール」のビジュアル(C)押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会(C)SNK(C)CAPCOM CO.,LTD.(C)CAPCOM U.S.A.,INC. (C)BNEI (C)KONAMI (C)SEGA

 1990年代の懐かしのゲーム(懐ゲー)をテーマとした押切蓮介さんのマンガが原作のテレビアニメ「ハイスコアガール」が、7月に放送されることが24日、明らかになった。「キルミーベイベー」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」などの山川吉樹さんが監督を務め、「とある魔術の禁書目録」などのJ.C.STAFFが制作する。アイドルグループ「sora tob sakana(ソラトブサカナ)」がオープニングテーマを担当する。

ウナギノボリ

 「ハイスコアガール」は、自身のゲーム体験をマンガ化した「ピコピコ少年」(太田出版)などで知られる押切さんのマンガで、「増刊ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)2010年Vol.11と「増刊ヤングガンガンビッグ」(同)11年Vol.1~3の掲載を経て、11年10月からは「月刊ビッグガンガン」で連載中。ゲームに夢中な少年・矢口ハルオと少女・大野晶が、人気格闘ゲーム「ストリートファイター2」(カプコン)の対戦をきっかけにケンカしつつも少しずつ仲良くなる……というストーリー。

 原作は、ゲーム会社のSNKプレイモア(大阪府吹田市)に著作権侵害で刑事告訴(その後和解)されたことを受け、14年8月から連載を一時休止していたが、17年7月に連載を再開した。13年12月にアニメ化が発表されていた。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:山川吉樹▽シリーズ構成:浦畑達彦▽キャラクターデザイン:桑波田満(SMDE)▽CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)▽キャラクターモデルディレクター:関戸恵理(SMDE)▽美術監督:鈴木朗▽色彩設計:木村美保▽撮影監督:福世晋吾▽編集:坪根健太郎(REAL-T)▽音響監督:明田川仁▽音楽:下村陽子▽音響制作:マジックカプセル▽OPテーマ:sora tob sakana▽CGIプロデューサー:榊原智康(SMDE)▽CGI:SMDE▽アニメーション制作統括:松倉友二▽アニメーション制作:J.C.STAFF

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画