MANTANWEB(まんたんウェブ)

林修:新レギュラー番組は“重圧” 「ブラックな部分が出ちゃう」

テレビ
新バラエティー番組「林修のニッポンドリル」のワンシーン(C)フジテレビ

 予備校講師の林修さんがMCを務める新バラエティー番組「林修のニッポンドリル」(フジテレビ系)の放送が25日からスタートする。初回収録後に会見を開いた林さんは「今までのどの番組よりも重圧を感じました。スタジオで楽しくやっている感じを出したいのですが、プレッシャー がきつくなってくると普段隠しているブラックな部分の人間性が出ちゃう」と振り返った。

 番組は、「日本人だからこそ知っておきたい」という日本にまつわるさまざまな分野を題材に林さんが作成したオリジナル問題「ニッポンドリル」を出題し、ゲスト出演者の回答を添削しながら解説するバラエティー。林さんは“担任”として出演し、“副担任”をお笑いコンビ「千鳥」のノブさんが務め、風間俊介さんが“学級委員”としてレギュラー出演する。初回は国宝の「平等院鳳凰(ほうおう)堂」、日本が誇る「おもてなし」、知らないと恥ずかしい「日本語」といったテーマで、それぞれの魅力を紹介する。

 会見には、ノブさんと風間さんも出席。ノブさんは、林さんのブラックな一面について「“おもてなし”が最高級のホテルを紹介しながら『僕は寝られればいい』って言ってましたからね」と、林さんがホテルの関係者が来ている中で発言したエピソードを挙げて振り返った。収録では林さんが、ノブさんにヒントとして“鳳凰の鳴き声”をリクエストするむちゃぶりをし、ノブさんが林さんにクレームを入れる一幕もあった。

 林さんは、新番組について「本当に真剣に、丁寧に番組を作って皆さんに新しい発見をしてもらえるように頑張っております。違った角度からの分析などもたくさん入っておりますので、今まであったこういった番組とはちょっと違った楽しみがこの番組にはあると思います!」とアピールしていた。放送は毎週水曜午後7時57分。初回は午後7時から2時間スペシャル。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る