MANTANWEB(まんたんウェブ)

二宮和也:4カ月間の撮影「貴重な経験」 竹内涼真「一番キツかった」 「ブラックペアン」撮了 

テレビ
連続ドラマ「ブラックペアン」でクランクアップを迎えた(左から)趣里さん、小泉孝太郎さん、竹内涼真さん、二宮和也さん、内野聖陽さん、神野三鈴さん、葵わかなさん =TBS提供

 人気グループ「嵐」の二宮和也さん主演のTBS系“日曜劇場”枠の連続ドラマ「ブラックペアン」(日曜午後9時)がこのほどクランクアップを迎えた。4カ月間の撮影を終えた二宮さんは「テレビの力を信じて、見てくれる人に何かを届けたいという思いで約4カ月の間、撮影に参加させていただきました。この作品に携わり、なおかつこのキャストの方々とご一緒できたのは本当に貴重な経験だったと思います」と感慨深げに振り返った。

 二宮さん演じる外科医、渡海征司郎(とかい・せいしろう)に振り回される研修医、世良雅志を演じた竹内涼真さんは「今までのドラマで一番キツかったですが、一つのシーンをみんなで作り上げるこの現場は本当に楽しかったです。皆さん本当にありがとうございました!」とあいさつ。看護師役の葵わかなさんは「最初は医療ものに携われるということで、すごく楽しみにしてたのですが、まさかここまで大変だとは思いませんでした」と話したが、「大変でしたが勉強になることも多かったですし、皆さんに支えられながら伸び伸び演じることができました。皆さんにまた会えるよう、これからも頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました」と笑顔を見せた。

 渡海と敵対する佐伯清剛教授役の内野聖陽さんは「日曜劇場の出演は3度目ですが、いつになくすごい現場で、本当にスタッフさんの頑張りが随所に見えて、歯を食いしばりながら頑張っている姿を何度も目にしました。そういう姿が僕たちを支えてくれて、そしてそれが番組の底力となっていくのだなと痛感しました。ありがとうございました」と話している。

 ドラマは「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊さんの小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社)が原作。二宮さん演じる天才外科医・渡海が、病院、研究室と製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省との癒着問題など、さまざまな闇が渦巻く大学病院に立ち向かう姿を描く。最終回では、渡海と佐伯の確執、そして“ブラックペアン”に隠された秘密が明らかになる。24日午後9時から、15分拡大版で放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る