沢村一樹:月9初主演作を“下ネタ”でアピール「下ネタなしで帰ると後悔しちゃうの」

テレビ
連続ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の制作発表会見に出席した沢村一樹さん

 俳優の沢村一樹さんが30日、東京都内で行われたフジテレビの新“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の制作発表会見に、共演の「関ジャニ∞」の横山裕さんらと出席。今作が月9初主演の沢村さんは、会見で終始真面目に話をしていたが、最後のあいさつで「月9の刑事ドラマは視聴者の方も初体験だと思います。『エロ男爵』的に言うと、7月9日は“初体験”の夜をみんなで過ごしましょう」とアピール。横山さんから「最後のいらんかったわ~」と突っ込まれた沢村さんは「下ネタなしで帰ると後悔しちゃうの」と苦笑いしていた。

 ドラマは、女優の上戸彩さんが演じた新米女性刑事・桜木泉の活躍と成長を描いた「絶対零度」シリーズの最新作。シーズン3となる今回は、元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村さん)を主人公に、テクノロジーを駆使して“未来の犯罪を予測して捜査する”チームの活躍を描く。

 沢村さんはオファーについて「正直に言うと『なんで』って思いました。月9といえば恋愛ドラマ。僕は『セクシー部長』『エロ男爵』とかいわれている割に、あまり恋愛ドラマをやったことがない。でも台本を読んでいい作品に巡り合えたなって」と振り返った。「脚本を読んで現場で体を動かして気づいたのは、テクノロジーが進めば進むほど、人間なんだって気付かされる。後半には、上戸彩ちゃんも登場し(作品が)成長していきます。AIとか出てきますが、人間臭い生々しいドラマになっています」と話していた。

 会見には、共演の本田翼さん、柄本時生さん、平田満さん、伊藤淳史さんも出席した。「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」は、7月9日から毎週月曜午後9時放送。初回は30分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る