MD松尾のヒット解析:マリオテニスなど上位勢は安泰 ファミコンミニのジャンプ版がついに発売

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「マリオテニス エース」(NS、任天堂)、「マインクラフト」(同、マイクロソフト)、「スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション」(同、任天堂)といった上位勢は安泰。また、サッカーW杯効果で売り上げを伸ばしてきた「ウイニングイレブン2018」(PS4、コナミデジタルエンタテインメント)の新価格版がさらにランクアップ。ついに7位に入りました。惜しくも日本代表は敗れてしまいましたが、ゲームの方はもう少し売れていきそうです。

 ◇今週の動き

 「マリオテニス エース」、新作の「ザンキゼロ」(PS4、スパイク・チュンソフト)、「マインクラフト」あたりが上位を占めそう。「ザンキゼロ」は「ダンガンロンパ」スタッフの新作ということで注目したいところです。

 しかし、今週最も注目しているのは、週末に発売される「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」(任天堂)でしょう。「ドラゴンボール 神龍の謎」「キン肉マンマッスルタッグマッチ」など、40代男性に刺さりまくりの懐かしのタイトルが20作も入ったファミコンミニで予約販売を中心にヒットしそうです。

 ◇ランキングは次の通り(6月25日~7月1日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 マリオテニス エース(NS)
2位 マインクラフト(NS)
3位 スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション(NS)
4位 New ガンダムブレイカー(PS4)
5位 スプラトゥーン2(NS)
6位 ザ クルー2(PS4)
7位 イースVIII -Lacrimosa of DANA-(NS)
8位 ウイニングイレブン2018(PS4)
9位 マリオカート8 デラックス(NS)
10位 Fate/EXTELLA LINK(PS4)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る