MANTANWEB(まんたんウェブ)

日本テレビ:“ボランティアプロジェクト”始動 又吉直樹、ブルゾンちえみ、丸山桂里奈が“すけっと”に

テレビ
21日放送される特別番組「世のため人のため! すけっと呼んだら何人くるか?」の出演者たち=日本テレビ提供

 日本テレビは、開局65年プロジェクト「Change65」の一環として、「人助け」をキーワードにした「人助けで世の中を良くするプロジェクト『すけっと』」を立ち上げた。Yahoo! JAPANの「Yahoo! ボランティア」と協業して、困っている人と、サポート・支援をする「すけっと」をつなぐ。プロジェクトの一環で特別番組「世のため人のため! すけっと呼んだら何人くるか?」が制作され、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん、「ブルゾンちえみ with B」、丸山桂里奈さんがボランティアに挑戦する。番組は21日午後1時半から放送。

 又吉さんら「芸能人ボランティア」のルールは“予定が空いている時だけでOK”、“インスタグラムやツイッターなどのSNSでボランティア活動をアピールしてもOK”というもの。丸山さんは「寄付されたランドセルをきれいに整え、学習用品を詰めてアフガニスタンの子供たちに届けにいく」、又吉さんは「胃ガンが判明した奄美ウミガメ研究所長の代わりにウミガメの産卵を見守ってほしい」、「ブルゾンちえみ with B」は「学生ボランティアと一緒に、開園65年目で存続の危機に瀕した池田動物園を盛り上げる」という案件に挑戦。MCは東野幸治さんが務める。

 奄美群島は、日本全国のウミガメの産卵数の約1割を占めているという。しかし、奄美大島では、イノシシによるウミガメの捕食が問題となっており、2015年には総産卵巣数の約25%にあたる89巣が捕食されてしまった。ウミガメの保護を行っている奄美ウミガメ研究所が産卵上陸やふ化のための調査を続けてきたが、今年、研究所所長の荒田利光さん(68)に胃がんが判明したという。

 ウミガメの産卵を見守りに行った又吉さんは「母親が奄美群島の出身なのでゆかりがある場所。母親もウミガメの産卵を近所で見るのは楽しみだったので。ウミガメの産卵とか映像で見てもドラマチック。神秘的でした」と語る。ボランティアに参加してみて「ボランティアがいっぱい来てたらよかったけど、結局、僕ら2人だけなんですよ。みんな僕の親戚でした」といい「カメは来なかったですね。ウミガメと距離感がつかめなかったのでウミガメの完全に下に潜ってしまって……」と振り返った。さらに「(一人で頑張っている荒田さんに対して)すけっとは至急、必要ですね。限界がある」とコメントしている。

 同局は、チャリティー番組「24時間テレビ」を40年間にわたり放送してきた。同局の秋山健一郎プロデューサーは「「『24時間テレビ』は『チャリティー』や『募金』といった社会貢献の概念を大きく変えました。今回、開局65年を迎える日本テレビが新たな取り組みとして、お金ではなく汗をかくことで『人助け』をするプロジェクトを立ち上げました。親切をしてもらった相手ではなく、ほかの誰かに渡していく『恩送り』という日本に昔からあるワードがコンセプトになっています」と説明している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る