松岡昌宏:戸田恵梨香の元婚約者役で「大恋愛」出演 草刈民代、サンド富澤ら新キャスト発表

テレビ
10月から放送される連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」に出演する「TOKIO」の松岡昌宏さん(C)TBS

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんが、10月から放送される女優の戸田恵梨香さん主演の連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが17日、分かった。松岡さんは、戸田さん演じる若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚の元婚約者で、エリート精神科医の井原侑市を演じる。また、草刈民代さん、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけしさん、杉野遥亮さん、黒川智花さん、夏樹陽子さんといった新キャストも発表された。

 ドラマは、尚と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロツヨシさん)の10年にわたる切ない純愛物語。レディースクリニックの医師として働く34歳の尚は、条件にぴったりの年上の医師・侑市との結婚式を控えていた。ところが、新居に引っ越しをする尚は、元小説家で、引っ越しのアルバイトをする無愛想な真司と運命的な出会いをし、恋に落ちる。2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病に侵されていることが発覚して……という展開。脚本を「セカンドバージン」(NHK)などの大石静さんが担当する。

 松岡さん演じる侑市は、尚と婚約中だったが、結婚式を目前に突然、婚約破棄されてしまう。それでも病と闘う尚の主治医となり、再び尚にひかれていく……という役どころ。草刈さんは、祖父の代から続く産婦人科「KITAレディースクリニック」の院長で、夫を早くに亡くし、女手一つで尚を育てた母・北澤薫役。尚への強い愛情ゆえに真司との恋に大反対するという役どころ。

 真司が働く引っ越し会社の先輩で、真司と尚の恋を陰ながら応援する木村明男役を富澤さん、真司と木村を慕っている引っ越し会社の若手スタッフ・小川翔太役を杉野さん、「KITAレディースクリニック」の受付で働く尚の親友・沢田柚香役を黒川さん、侑市の母・井原千賀子役を夏樹さんが担当する。

 今回、初めて精神科医を演じる松岡さんは、「今、役の勉強をさせていただいている最中で、どういう形で役にアプローチできるか考えているところです」とコメント。戸田さん、ムロさんとは初共演だといい、「見応えのある作品になることは間違いないので、皆さんぜひご覧になってください」と呼びかけている。

 草刈さんは、「過酷な病気を背負ってしまった娘を支える母親として、薫は何を見いだしていくのでしょうか。人はいくつになっても成長を強いられるものなのかもしれません。薫を通して、私自身も成長できればと思っています」と意気込んでいる。

 富澤さんは、「先輩役はネタでもあまりやらないので、今はどう演じればいいのか悩んでいますし、少しおびえてもいます。頑張ります」と語り、杉野さんは、「人を愛する切なさを問いかけるヒューマンドラマにおいて、明るく癒やしの瞬間を皆様に届けられるような小川翔太でありたいと思います」とコメントしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る