MD松尾のヒット解析:ウイイレ新作が初登場首位 スパイダーマンが予約絶好調

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 人気サッカーゲームの最新作「ウイニングイレブン2019」(PS4、コナミデジタルエンタテインメント)が期待通りのトップでした。前作を上回る予約を獲得しており、実売も盛り上がりました。続いたのは前回1位だったZ指定タイトルの「コナン アウトキャスト」(PS4、スパイク・チュンソフト)。正直予想以上のすごい売れ行きで、いまだに品薄状態が続いています。

 ◇今週の動き

 人気アメコミヒーローが大活躍する「Marvel’s Spider-Man」(PS4、SIE)が断トツか。20代を中心に予約も絶好調で、「モンスターハンター:ワールド」(同、カプコン)などで復帰したベテランゲーマー層の興味を引いているようです。「ウイニングイレブン2019」に続くのは、PS2の名作タイトルをリマスタリングした「アヌビス ゾーンオブエンダーズ マーズ」(同、コナミデジタルエンタテインメント)と予想。こちらも往年のゲーマー層を中心に高い支持を集めています。

 ◇ランキングは次の通り(8月27日~9月2日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ウイニングイレブン2019
2位 コナン アウトキャスト(PS4)
3位 マインクラフト(NS)
4位 リトルドラゴンズカフェ(NS)
5位 僕のヒーローアカデミア One’s Justice(NS)
6位 NARUTO TO BORUTO シノビストライカー(PS4)
7位 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(NS)
8位 リトルドラゴンズカフェ(PS4)
9位 メイド イン ワリオ ゴージャス(NS)
10位 マリオカート8 デラックス(NS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る