MANTANWEB(まんたんウェブ)

dele:最終回 ついに山田孝之、菅田将暉の過去が明らかに 大塚明夫、麿赤兒がゲスト

テレビ
連続ドラマ「dele」最終回の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の山田孝之さんと菅田将暉さんがダブル主演の連続ドラマ「dele(ディーリー)」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の最終回が14日放送される。「dele. LIFE」の依頼人・辰巳仁志(大塚明夫さん)が亡くなり、その報告を受けた祐太郎(菅田さん)は怒りを抑えた表情を浮かべ、普段の朗らかな様子とは一変。そんな祐太郎に圭司(山田さん)は驚く。実は、辰巳は祐太郎の妹・鈴(田畑志真さん)の死を巡り、入院先の弁護を担当していて、祐太郎が積年の恨みを抱く人物だった。

 当時、妹・鈴の死には不審な点があったが、病院側の主張が通り、祐太郎ら遺族は深い心の傷を負っていた。同情した圭司は、祐太郎に促されるまま、辰巳が残した音声データを再生。そこには、祐太郎の無念を晴らす真実を示唆する、大物政治家・仲村毅(麿赤兒=まろ・あかじ=さん)との会話が記録されていた。圭司と姉・舞(麻生久美子さん)の間にも、過去の出来事絡みで不穏な空気が……という展開。

 予告編には、祐太郎が圭司に「俺がここに来たのは偶然じゃないんだよね」と明かす姿や、祐太郎が「あんな死に方をしなければ、こんなつらい思いをしなくてよかった……」と苦悩をにじませるシーン、圭司が「おやじは立派な弁護士だった。残すのはその記憶だけでいい」と語る場面などが映し出されている。

 所有者の死後にパソコンやスマートフォンに残されたデータ「デジタル遺品」を巡る1話完結型の人間ドラマ。関係者の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録を全て内密に抹消する仕事をしている坂上圭司と、フリーランスの何でも屋で、ひょんなことから圭司の仕事を手伝うようになる真柴祐太郎が主人公。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る