リーガルV:第2話視聴率は18.1% 初回超えで好調キープ 斉藤由貴がパワハラ疑惑の女性役員に

連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」主演の米倉涼子さん
1 / 1
連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」主演の米倉涼子さん

 女優の米倉涼子さんが主演を務める連続ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が18日に放送され、平均視聴率は18.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。初回でマークした15.0%を上回る高視聴率で、好調をキープしている。

 ドラマは、米倉さん主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」と同じ放送枠で、弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊(たかなし)翔子(米倉さん)が大手弁護士事務所を相手に無謀な戦いを繰り広げる法廷ドラマが描かれる。翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーとして林遣都さん、荒川良々さん、安達祐実さん、三浦翔平さん、勝村政信さん、高橋英樹さんが出演。京極法律事務所と対立する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」のエリートたちを向井理さん、菜々緒さん、小日向文世さんが演じる。

 第2話は、15分拡大のスペシャル版で放送された。翔子率いる京極法律事務所は、身に覚えのないパワハラ疑惑で大手企業・太陽製紙の取締役を解任されたという永島美鈴(斉藤由貴さん)を弁護することに。しかし、企業側を弁護する大手法律事務所の白鳥美奈子(菜々緒さん)は、パワハラ現場の録音データを盾に「200%(相手が)負けます」自信満々の様子を見せる……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る