宮崎あおい:出産後、初の公の場 主演ドラマが「東京ドラマアウォード」作品賞

「東京ドラマアウォード2018」の授賞式に登場した宮崎あおいさん
1 / 8
「東京ドラマアウォード2018」の授賞式に登場した宮崎あおいさん

 女優の宮崎あおいさんが25日、優れたテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2018」の授賞式に出席した。主演ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」(NHK)が単発ドラマ部門の作品賞でグランプリを受賞した宮崎さんは、今月16日に第1子の出産を発表して以来、公の場に登場したのは初。宮崎さんは司会の石坂浩二さんからドラマを熱く絶賛されると「とても気持ちが伝わってきて……、ありがとうございます」と笑顔を見せた。

 宮崎さんは人気グループ「V6」の岡田准一さんと昨年12月に結婚。今年5月に宮崎さんの妊娠を発表しており、今月16日に第1子となる男児を出産したことを発表していた。

 「東京ドラマアウォード」は、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、優れたテレビドラマを表彰する賞で、今年で11回目。17年7月~18年6月に放送されたドラマが対象。作品賞「連続ドラマ部門」のグランプリに「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が選ばれ、同作で主演した田中圭さんが主演男優賞、同作に出演した吉田鋼太郎さんが助演男優賞を受賞した。「アンナチュラル」(TBS系)の石原さとみさんが主演女優賞、「陸王」(TBS系)の阿川佐和子さんが助演女優賞を受賞した。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る