このマンガがすごい!:伝説のギャグマンガ「行け!稲中卓球部」を実写化 新井浩文と山本浩司が前野と井沢に

ドラマ「このマンガがすごい!」第9回「新井浩文と山本浩司の『行け!稲中卓球部』」の場面写真(C)「このマンガがすごい!」製作委員会
1 / 7
ドラマ「このマンガがすごい!」第9回「新井浩文と山本浩司の『行け!稲中卓球部』」の場面写真(C)「このマンガがすごい!」製作委員会

 その年のマンガ人気ランキングガイド「このマンガがすごい!」(宝島社)とテレビ東京がタッグを組んだドキュメンタリードラマ「このマンガがすごい!」(テレビ東京ほか、金曜深夜0時52分)の第9回が30日に放送される。俳優の新井浩文さんと山本浩司さんが、実写化したい作品としてマンガ「行け!稲中卓球部」を取り上げる。

 「行け!稲中卓球部」は新井さんいわく、映像化不可能といわれた伝説のギャグマンガ。同作に登場する変態の前野と「あしたのジョー」オタクの井沢に、新井さんと山本さんが挑む。

 番組ナビゲーターは女優の蒼井優さん。週替わりゲストとして俳優11人が登場。自ら実写化したいマンガを選び、実際にそのマンガのキャラクターを演じる。

写真を見る全 7 枚

マンガ 最新記事