小手伸也:“月9”で注目 テレ朝ドラマで「デブチーフ」AD

テレビ
2019年1月スタートの連続ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」に出演する(左から)戸塚純貴さん、青木さやかさん、田辺誠一さん、小手伸也さん=テレビ朝日提供

 俳優の小手伸也さんが、タレントの岡田結実さんが主演を務めるテレビ朝日の金曜ナイトドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」に出演することが30日、分かった。ドラマは、超過酷ロケで有名なバラエティー番組に配属された新人AD・一ノ瀬ひかりが主人公で、小手さんは番組の万年チーフADである出渕輝彦(でぶち・てるひこ)を演じる。

 出渕は、名字と見た目から周囲に「デブチーフ」と呼ばれている。ウイスパーボイスでひかりにあれこれ指示を出してくるなど、振られた仕事をADたちに投げて自分では何もしないという典型的な中間管理職ぶりを発揮するという。

 現在44歳の小手さんは、フジテレビの“月9”ドラマに4月期の「コンフィデンスマンJP」に続き、現在放送中の「SUITS/スーツ」に出演するなど注目を集めている。小手さんは「僕が演じる出渕くんは40半ばに差し掛かってもADなのですが、意外とそういう方って多いと聞きま して……。そんなリアルな現場の雰囲気をうまく表現できたらなと思いつつ、台本を読む限りでは出渕くん、とっても嫌なヤツなので(笑い)、それをしっかりと演じきりたいと思っております」と意気込み、「僕も中年としての魅力をいかんなく発揮し、世の中のある一定の層に対して抜群の訴求力をもってお送りしたいと思います!」と語っている。

 小手さんのほか、田辺誠一さん、青木さやかさん、戸塚純貴さんが出演することも発表された。田辺さんは、サラリーマン気質でノリが軽い番組プロデューサー・泉雅也役、青木さんは“おつぼね様”ポジションのAP(アシスタントプロデューサー)・馬場桃花役、戸塚さんはゆるく働く今どきの若者AD・九条隼人役で出演する。

 ドラマは、失恋と失業でヤケクソになった一ノ瀬ひかり(岡田さん)が、超過酷なロケで有名なバラエティー番組の制作会社に就職。AD生活を送っていると、「妖精」を名乗る等身大のおじさん(遠藤憲一さん)が現れる。おじさんの姿はひかりにしか見えず、ひかりが口に出せない心の声や本音、愚痴をズバズバと口に出し。ひかりとおじさんの、珍妙なお仕事ライフが展開される……という内容。19年1月から毎週金曜午後11時15分放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る