MANTANWEB(まんたんウェブ)

錦戸亮:新月9「誰かにとっての『ロンバケ』になれば」と抱負

テレビ
フジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の会見に登場した「関ジャニ∞」の錦戸亮さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが4日、東京都内で行われたフジテレビの新月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の制作発表会見に登場。同作の主演を務める錦戸さんは、今年の抱負を聞かれると「平成のうちに最終回を迎える最後の月9になると思います。すごい作品に出させていただいているんだなって。僕らの世代ってドラマっていうと木村(拓哉)君の『ロンバケ(ロングバケーション)』とか。次の(時代)に変わったとしても覚えてもらえるような、僕にとって『ロンバケ』、誰かにとっても『ロンバケ』(のような作品)になればいいなと思います。頑張ろうと思います」と語った。

 ドラマは、元科学捜査研究所(科捜研)の研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」が原作のサスペンス。科捜研法医研究員の真野礼二は、「鑑定結果こそが真実」と鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じる男。刑事であろうと容赦なく反論し、闇に葬り去られようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにし、難事件を解決に導いていく……という内容。

 真野を演じることについては「これまでドラマや映画で演じてきたどの役より、僕史上一番クールな役。最初は(クールな役を演じることに)恥ずかしさを感じていましたが、最近は慣れてきました」とにっこり。専門用語が多く登場するといい「カタカナが多くて。台本を見て、(知らない)言葉を調べることが多くなりました。豆知識が増えていっている」と、笑顔を見せた。

 会見では、同ドラマの主題歌が「関ジャニ∞」の新曲「crystal」に決定したことも発表され、共演の新木優子さん、船越英一郎さんも出席した。

 「トレース~科捜研の男~」は7日午後9時から放送。初回は90分スペシャル。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る