MANTANWEB(まんたんウェブ)

石橋菜津美:ゾンビドラマで生きる意味を「自問自答」 土村芳らと楽しく撮影

テレビ
「よるドラ『ゾンビが来たから人生を見つめ直した件』」の記者会見に出席した(左から)渡辺大知さん、土村芳さん、石橋菜津美さん、瀧内公美さん、大東駿介さん

 女優の石橋菜津美さんが17日、東京都内で行われたNHKの主演ドラマ「よるドラ『ゾンビが来たから人生を見つめ直した件』」の記者会見に出席。「いつ死んでもいい」が口癖の小池みずほ役を演じている石橋さんは、「みずほは生に執着がない役ですが、私もわりと『何のために生きているのか』を明言できないタイプ。自分と向き合うような気がしてちょっと怖い。みずほとしても石橋菜津美としても『何のために生きているのか』を自問自答しながら撮影に挑んでいます」と役に共感していることを明かした。

 会見には、共演の土村芳さん、瀧内公美さん、大東駿介さん、渡辺大知さんらも出席。ドラマにはゾンビが数多く登場するが、石橋さんが「(ゾンビは)メークがリアルで慣れるまで怖かったけど、見慣れると、生活している中でゆっくり歩いている人がゾンビに見えたり、普通の人までゾンビに見えてしまっている。ゾンビを演じている(大東さんと渡辺さんの)お二人がすごく楽しそう」と笑うと、土村さんも「ものすごい破壊力があって。本当にいつも笑ってしまいます。現場の空気が楽しくなっているのは、お二人のゾンビのおかげかなというぐらいパワーを感じています」と笑顔で語っていた。

 また劇中でゾンビになってしまう役どころの大東さんは「ゾンビは以前もやったことがあって、今回が2度目なのですが、(実際には)ゾンビがいないので、作品ごとに『ゾンビのルール』というのは一から作るべき。台本には『ゾンビには人間の個性が残る』と書いてあり、そういうディテールみたいなものを大切に描いているのは面白い」とやりがいを感じている様子だった。

 ドラマは、劇作家・櫻井智也さんが描くが完全オリジナルの社会派ブラックコメディー。ある地方都市を舞台に、みずほ(石橋さん)、柚木(土村さん)、美佐江(瀧内さん)の同級生のアラサー女子3人が、突然現れたゾンビのようなものに立ち向かう中で、隠されていた心情や欲望がうごめき出す模様を描く。NHK総合19日から毎週土曜午後11時半~同59分放送。全8回。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る