宮本浩次:「後妻業」主題歌に「恥ずかしいやら」 小夜子に共感も

テレビ
連続ドラマ「後妻業」の主題歌「冬の花」を歌っている宮本浩次さん=関西テレビ提供

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主題歌を担当している「エレファントカシマシ」の宮本浩次さん。主題歌「冬の花」は自身のソロプロジェクトのデビュー曲だ。同作の台本を読んで、主人公・武内小夜子(木村さん)をイメージして制作したという宮本さんが、小夜子や主題歌について語った。

 ドラマを見ているという宮本さんは「毎回クライマックスに差し掛かった時に自分の声が流れてきますので、びっくりするやら恥ずかしいやら。毎回ちょっと不思議な感覚で画面を見つめております」とコメント。「ドラマを見ている皆さんや、主人公小夜子を演ずる木村佳乃さん、および制作スタッフの皆さんがこの歌を本当に可愛がってくださっているのが伝わり、感激することしきりです」と感謝も寄せている。

 また、主人公の小夜子について「ドラマが進むに従って小夜子の健気(けなげ)さや可憐(かれん)さがだんだん分かってきて、なんだか本当に人知れず木枯らしの中咲いている一輪の花のようで泣けてきます。私は男ですが、ところどころ共感しながら本気で楽しんでいます」と語っている。

 「後妻業」は、黒川博行さんの小説(文藝春秋)が原作で、遺産相続目当てで資産家の高齢男性を狙う結婚詐欺、後妻業が題材。男をたぶらかす天才・小夜子が“女の色香”で男たちから財産を巻き上げる姿を描く痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る