よつば銀行:最終回 丸山隆平がまさかの… 支店消滅の危機に真木よう子は? スガ シカオも出演!

テレビ
連続ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~」最終回の場面写真 (C)テレビ東京

 女優の真木よう子さん主演の連続ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~」(テレビ東京系、月曜午後10時)の最終回(第8話)が11日に放送される。“頭取肝煎りプロジェクト”の標的となった桜庭地所で、専務の中島順三(おかやまはじめさん)がクーデターを起こし新社長に就任。桜庭拓真(榎木孝明さん)は解任に追い込まれる。それらを仕組んだのは加東亜希彦(丸山隆平さん)で……。

 加東は桜庭地所・清算プロジェクトのリーダーに任命され、原島浩美(真木さん)はその部下に。加東が島津雅彦(柳葉敏郎さん)側に寝返った事実を知った台東支店営業課員たちは怒りをあらわにするが、更なる島津の横暴によって、台東支店は消滅の危機を迎えてしまう……というストーリーで、この日はシンガー・ソングライターのスガ シカオさんがカメオ出演する。

 「よつば銀行」は、テレビ東京のドラマ枠「ドラマ Biz」第4弾。1993~97年にマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された周良貨さん作、夢野一子さん画のマンガ「この女に賭けろ」が原作。都市銀行の女性総合職・原島浩美が、大胆な発想と行動力で業績不振の支店の立て直しなどを手掛け、上り詰める姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る