MANTANWEB(まんたんウェブ)

窪田正孝:“平成最後の月9”主演に気負いなし 天才放射線技師役で専門用語「“腹”で覚える」

テレビ
連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の会見に登場した窪田正孝さん(右)と本田翼さん

 俳優の窪田正孝さんが4日、東京都内で行われた、主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時、4月スタート)の会見にヒロイン役の本田翼さんと登場。“平成最後の月9”で同枠初主演となる窪田さんは「平成最後、という感覚は正直ない。“月9”だからこうしよう、ああしよう、というのはないです」と気負いがないことを明かした。

 天才放射線技師の主人公・五十嵐唯織(いがらし・いおり)を演じる窪田さんは「医療モノはあまり経験がない」としながら、「医療モノ、刑事モノ、裁判モノについてまわるものなんですが、専門用語だから言えない、とならないように、(せりふを)頭ではなく“腹”で覚える感じでやっていきたい」と意気込んだ。「(医療ドラマは)数々の名作があるけど、その中の一つになるように、みんなで一丸となってできたらいいなと思っています」と力強く語っていた。

 「ラジエーションハウス」は、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の同名マンガが原作。病院の放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師の五十嵐唯織(窪田さん)と、画像を読影し診断を主治医に伝える放射線科医の甘春杏(あまかす・あん、本田さん)らの活躍を描く。

 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」は4月8日から毎週月曜午後9時放送。初回は30分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る