絶対正義:最終話でロスの声続々 範子の“ラスト”に…

テレビ
連続ドラマ「絶対正義」に出演した(左から)桜井ユキさん、片瀬那奈さん、山口紗弥加さん、美村里江さん、田中みな実さん

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)の最終話が23日深夜に放送された。法律のみを唯一の価値基準として生きる“正義のモンスター”高規範子(山口さん)の“ラスト”にSNSでは、「絶対正義ロス(涙)」「範子ロス~」「来週の楽しみなくなった」「来週ないとか無理」などの声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 ◇以下、ネタバレを含みます

 最終話では、範子が、自身を殺害しようとした同級生の由美子(美村里江さん)、理穂(片瀬那奈さん)、和樹(桜井ユキさん)、麗香(田中みな実さん)を許し、娘の律子(白石聖さん)のために“法を犯す”というラストが描かれた。範子が見せた笑顔などに「いい顔してる」「可愛らしい顔だ」といった声が上がった。

 ドラマは、読後に嫌な気分になる「イヤミス小説」で話題を集める秋吉理香子さんの小説(幻冬舎文庫)が原作の心理サスペンス。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る