MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:斎藤工、林遣都、トータス松本、上白石萌歌ら新キャスト発表

テレビ
会見に登場したNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の新キャスト

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たなキャストが24日、東京・渋谷のNHKで発表された。会見には、第2部の主人公・田畑政治(たばた・まさじ)役の阿部サダヲさんとともに、斎藤工さん、林遣都さん、人気ロックバンド「ウルフルズ」のトータス松本さんら新キャストが登場。大河ドラマ初出演の上白石萌歌さんは役作りで7キロ増量したことを明かし、「毎日刺激があって、すてきな先輩方に囲まれて撮影しています。3カ月前から練習して、心も体も本人に近づけられるようにやってきました」と語った。

 斎藤さんは、日本のクロールの第一人者で日本水泳界のスター、高石勝男、林さんは、1932年ロサンゼルス大会銅メダリストの大横田勉、三浦貴大さんは24年パリ大会に出場し、32年ロサンゼルス大会ではアシスタントコーチを務めた野田一雄、大東駿介さんは28年アムステルダム大会と32年ロサンゼルス大会で日本人初のオリンピック連覇者となった鶴田義行、皆川猿時さんは32年ロス大会と36年ベルリン大会の日本代表水泳監督の松沢一鶴をそれぞれ演じる。

 さらに、日本人女性としてオリンピック史上初の金メダルを獲得した女子平泳ぎの前畑秀子役を上白石さんが務める。松本さんは、伝説の実況「前畑、頑張れ!」で知られるNHKスポーツアナウンサーの河西三省(かさい・さんせい)役で出演。松本さんが大河ドラマに出るのは「龍馬伝」のジョン万次郎役以来となる。

 第2部は日本泳法に始まった黎明(れいめい)期から日本が世界一の水泳大国になっていく栄光の物語と共に、戦争により変容していくオリンピックの歴史を劇的に描く。

 「いだてん」は、日本人が初めてオリンピックに出場した明治の終わりから、東京にオリンピックがやってきた64年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「“東京”と“オリンピック”」で、大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、86年の「いのち」以来33年ぶり。中村勘九郎さんが日本で初めてオリンピックに参加したマラソン選手の金栗四三(かなくり・しそう)、阿部さんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は全47回。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る