郷ひろみ:初めて“戦隊ヒーロー”に変身 27年ぶりフジテレビ系ドラマに出演

テレビ
オムニバスドラマ「世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編」に出演する郷ひろみさん(左) (C)フジテレビ

 歌手の郷ひろみさんが、6月8日に放送されるフジテレビ系のオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編」(午後9時放送)に出演し、初めて“戦隊ヒーロー”を演じることが7日、明らかになった。郷さんが同局のドラマに出演するのは1992年に放送された「愛する時と裁く時」以来、27年ぶり。女優の上白石萌音さんが娘役で出演する。

 戦隊ヒーローに憧れがあったという郷さんは「まさか自分がこの年代でこのような役をやるとは思っていませんでしたが、それはそれでとても楽しみです」といい、変身後の姿には「申し分ないです。僕以上のデキだと思います(笑い)。大満足です!」と喜びのコメントを寄せている。

 上白石さんは「この番組に出演させていただき、とてもうれしいです。さらに郷ひろみさんとご一緒させていただけるなんて本当に光栄なことで、今となっては幻のように貴重な撮影期間でした」と振り返っている。

 郷さんが主演する一編「永遠のヒーロー」は、科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界が舞台。その技術を悪用する怪人が現れ、怪人に対応するため、怪人対策室が設置される。怪人検挙数トップの“レッドライガー”こと怪人対策室警部・大場博人(郷さん)は仕事が忙しく、大事な娘・亜希(上白石さん)となかなか会えない日々を送っていた。定年を来年に控える中、怪人・マスターカイザーから世界を揺るがすテロ予告が届き……という展開。6月8日午後9時~同11時10分にフジテレビ系で放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る