MANTANWEB(まんたんウェブ)

木村文乃:松坂桃李の主演ぶりを絶賛「人柄の良さに救われていた」

映画
映画「居眠り磐音」の舞台あいさつに登場した木村文乃さん

 女優の木村文乃さんが6日、東京都内で行われた映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督、17日公開)の完成披露試写会に、主人公の磐音を演じた松坂桃李さんらと登場。木村さんは、今作が時代劇初主演となった松坂さんの磐音の印象を聞かれると、「松坂さんなのか磐音なのか、というぐらいぴったりで……」と絶賛。また、「これまで何度か共演させていただいているけど、今までに見たどの背中よりも背負っているものが大きく見えたので『これはなんとか私が太陽として隣で頑張らねば』と思ったんですが、結局は松坂さんのお人柄の良さに私が救われていた感じでした」と心境を明かした。

 舞台あいさつには芳根京子さん、杉野遥亮さん、南沙良さん、石丸謙二郎さん、西村まさ彦さん、中村梅雀さん、柄本明さん、本木監督も出席。芳根さんは、松坂さんの磐音について「撮影期間より取材の時間の方が多くご一緒させていただいているけど、それでも『磐音様』というイメージがぶれない」と語り、「本当に心が温かい方だなと感謝しています」とにっこり。絶賛された松坂さんは「真っすぐな瞳で見られると、ちょっと何言っていいか分からないですね」と照れ笑いを浮かべていた。

 映画は、佐伯泰英さんの“平成で最も売れている時代小説”シリーズが原作。江戸勤番を終え、磐音(松坂さん)と幼なじみの小林琴平(柄本佑さん)、河出慎之輔(杉野さん)は3年ぶりに豊後関前藩に戻る。琴平の妹・舞(宮下かな子さん)は慎之輔に嫁いでおり、磐音は琴平と舞の妹・奈緒(芳根さん)との祝言を控えていた。そんな中、慎之輔が「舞が不貞を犯した」といううわさを聞き、舞を斬る。激高した琴平は慎之輔を斬り、磐音は琴平を討ち取るよう命じられる。琴平を討ち取った磐音は脱藩し、江戸で両替商・今津屋の用心棒をしていたが、今津屋が騒動に巻き込まれ……という展開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る