MANTANWEB(まんたんウェブ)

コンフィデンスマンJP:SPドラマで副音声「五十嵐のスウィートルーム」復活 小手伸也「驚きつつもうれしい」

テレビ
スペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」の副音声企画に参加した小手伸也さん(左)と瀧川英二さん(C)フジテレビ

 女優の長澤まさみさんが主演する、フジテレビのスペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」(18日午後9時から放送)で副音声企画が実施されることが18日、明らかになった。スペシャルドラマは2018年4月期に同局の“月9”枠で放送された連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」の新作。連続ドラマ時の副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」に参加した五十嵐役の小手伸也さんが引き続き、今回の副音声のMCを務め、ちょび髭(ひげ)役の瀧川英二さんがゲストとして初出演する。副音声では、連続ドラマから出演している2人が、セットのこだわりなど多岐にわたるトークを展開する。

 収録を終えた小手さんは「SPドラマで副音声なんてやるわけがないと思っていたのですが、実施するということで驚きつつもうれしかったです(笑い)」と語り、「セット内の飾りなど、細かい美術さんのこだわりなどをできるだけ拾おうと意識していました。今回は、裏話というよりは若干、視聴者の方に近い目線で、僕らだからこそ気づけるネタについてお話しさせていただきました」とコメント。さらに「今回、瀧川さんとご一緒させていただいて、“五十嵐のスウィートルーム”史上、最も盛り上がった回になったのではないかと手応えを感じています」とメッセージを寄せている。

 初参加の瀧川さんは「緊張しすぎて、手の震えが止まらなかったです(笑い)」と話し、スペシャルドラマについては「台本段階ですごく面白かったので、撮影の際にはその面白さを越えなければいけないというプレッシャーがありましたが、その分、気合を入れて撮影ができました」と振り返っている。

 今回の「五十嵐のスウィートルーム」は、収録の模様を映像で撮影し、「コンフィデンスマンJP 運勢編」の放送に合わせ、18日午後9時~同11時10分まで、「コンフィデンスマンJP」の公式ツイッターで配信される。

 「コンフィデンスマンJP」は、一見、平凡で善良そうな信用詐欺師のダー子(長澤さん)とボクちゃん(東出昌大さん)、リチャード(小日向文世さん)が、さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。

 スペシャルドラマは、“運勢”をテーマにし、日本が舞台となる。ダー子は新たな詐欺のターゲットとして投資家の阿久津晃(北村一輝さん)を狙う。しかし、ボクちゃんとリチャードは、裏で闇金業者を営み、債務者をギャンブル漬けにするなど卑劣な手口を使う裏社会でも有名な阿久津を相手にすることに反対する。ボクちゃんとリチャードの言葉に耳を貸そうとしないダー子は、阿久津の金庫に眠る現金3億円を狙ってさまざまな策略を巡らすが、返り討ちに遭い……というストーリー。広末涼子さん、中山美穂さんも出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る