黒羽麻璃央:高野洸、和田雅成ら“2.5次元俳優”集結の連ドラ放送 「おっさんずラブ」徳尾浩司が脚本

テレビ
7月スタートの連続ドラマ「テレビ演劇 サクセス荘」に出演する(上段左から)和田雅成さん、高橋健介さん、高野洸さん、高木俊さん、黒羽麻璃央さん、(下段左から)有澤樟太郎さん、荒牧慶彦さん、定本楓馬さん、玉城裕規さん、寺山武志さん※劇中部屋番号順=テレビ東京提供

 ミュージカル「刀剣乱舞」などに出演した黒羽麻璃央さんと高野洸さん、舞台「ハイパープロジェクション演劇 『ハイキュー!!』」などの和田雅成さんら“2.5次元俳優”が集結する連続ドラマ「テレビ演劇 サクセス荘」(木曜深夜1時)が、テレビ東京で7月11日から放送されることが6月4日、分かった。昨年話題となった連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の徳尾浩司さんが脚本を担当する。

 ドラマは、「リハは1度だけ」「撮影一発本番」の「テレビ演劇」というテーマで、始まったら最後までカットはかからない「NGなし! アドリブあり!」という舞台さながらの緊張感あふれる演出で展開。高橋健介さん、高木俊さん、有澤樟太郎さん、荒牧慶彦さん、定本楓馬さん、玉城裕規さん、寺山武志さんの出演も発表された。

 物語は、いつか必ず夢をかなえて巣立っていくという伝説があるアパート「サクセス荘」が舞台。芸人、弁護士、俳優、料理人、ユーチューバー、貴族、映画監督、占師、プロボウラーになって“一旗揚げたい”と成功サクセスを夢見る若者たちが暮らす「サクセス荘」に新たな入居希望者がやってきて……という内容。

 「102号室」のゴーちゃんは和田さん、「203号室」のミスターは高橋さん、「204号室」のノブは高野さん、「205号室」のユッキーは高木さん、「206号室」のケントは黒羽さん、「209号室」のアンテナは有澤さん、「302号室」のサーは荒牧さん、「303号室」のチャップは定本さん、「304号室」のムーさんは玉城さん、「305号室」のヒッピは寺山さんがそれぞれ演じる。

 ◇黒羽麻璃央さんのコメント

 ケント役を務めます黒羽麻璃央です。撮影一発本番!? 撮り直しなし? と聞き、僕自身まだどうなるか分かっていません(笑い)。ただただソワソワしております。テレビ演劇という新しい世界観を自分自身も思い切り楽しみたいと思います。そして、皆様も思う存分、どうかお楽しみください。ぜひお見逃しなく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る