MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラジエーションハウス:第10話「もう一人の天才登場」 “天才”窪田正孝も見つけられない乳児の病…

テレビ
連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第10話のシーンカット=フジテレビ提供

 俳優の窪田正孝さん主演の“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、月曜午後9時)。6月10日放送の第10話のサブタイトルは「もう一人の天才登場」。予告映像では、「乳児に迫る、命のリミット」「天才にも見つけられない病変」「その時、もう一人の天才が現れる」というテロップと共に、放射線技師の五十嵐唯織(窪田さん)が乳児の命を助けようとする姿などが収められている。

 ある日、唯織は、放射線科の世界的権威で恩師のピレス教授(Dutchさん)から、人工知能を使った「読影補助ソフト」を開発するメンバーに誘われる。放射線科長の鏑木安富(浅野和之さん)は、整形外科医の辻村駿太郎(鈴木伸之さん)の父で麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男さん)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。

 そんな折、ラジエーションハウスに 放射線科医の甘春杏(本田翼さん)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太さん)が突然現れる。正一がうつ病の状態だと知る放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一さん)らは明るく接する。

 同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希さん)の1歳8カ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリスさん)は、赤ちゃんの検査に戸惑い、先輩の軒下吾郎(浜野謙太さん)に助けを求める。そんな中、黒羽たまき(山口紗弥加さん)は、3カ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光を検査したことを思い出す。検査の結果、光は鎖骨を骨折していて、虐待の可能性が浮上する。

 鏑木は、院長の大森渚(和久井映見さん)に辞表を提出し、院長室を後にした。院内の椅子に座っていた正一が鏑木に気付き、立ち上がろうとすると頭痛に襲われ、倒れてしまう……というストーリー。

 原作は、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の「ラジエーションハウス」。病院の放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師の五十嵐唯織(窪田さん)と、画像を読影し診断を主治医に伝える放射線科医の甘春杏(本田さん)らの活躍を描く医療ドラマ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る