MANTANWEB(まんたんウェブ)

なつぞら:“泰樹”草刈正雄「終盤の撮影を楽しんでいる」 最後の北海道ロケで充実感

テレビ
NHKの連続テレビ小説「なつぞら」の最後の十勝ロケに参加した広瀬すずさん(右)と草刈正雄さん

 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の最後の北海道ロケが行われ、泰樹役の草刈正雄さんが、ヒロインのなつを演じる広瀬さんと共に参加。ドラマは昨年6月に同地でクランクインし、1年が経過したが、草刈さんは「1年かけて撮るドラマは久々ですが、ドラマの醍醐味(だいごみ)、役者としての経験が豊かにもなって楽しみもある。共演者とも親しくなり本当の家族のようになった。今番組も好調で終盤の撮影を楽しんでいる」と充実感をにじませた。

 4回目の北海道ロケにもなったが、「地域の人たちに差し入れをいただいているけれど、番組が愛されているんだなと実感している」と明かす草刈さんは、「北海道のロケが一番好き。自然も食べ物も素晴らしい。移動に時間がかかるが、景観を楽しみながらなので、その移動時間が退屈ではない」と北海道愛を語っていた。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽から手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……というストーリーが展開する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る