MANTANWEB(まんたんウェブ)

前田敦子:大阪・茨木で昨年夏にオールロケ「息子に助けられた」

映画
映画「葬式の名人」の大阪・茨木での先行上映会に登場した前田敦子さん

 女優の前田敦子さんの主演映画「葬式の名人」(樋口尚文監督)の先行上映会が8月14日、映画の舞台となった大阪府茨木市の「イオンシネマ茨木」で開かれ、前田さんと、共演の高良健吾さん、白洲迅さん、子役の阿比留照太さんらが舞台あいさつを行った。

 今作は、茨木市と縁の深い文豪・川端康成の作品群がモチーフ。高校の同級生の通夜を、なぜか母校で行うことになった元クラスメートたちの、不思議な一夜を描く青春ファンタジー。前田さんはたくましいシングルマザーの雪子役で、母親役はもちろん、関西弁のせりふにも初めて挑戦した。8月16日から同所で全国に先駆けて公開される。

 前田さんは最初に「茨木で先行上映できて、本当にうれしい」と笑顔で語った。昨年夏に行われた茨木でのオールロケについて「夏の暑さだけじゃない熱さが、現場にはありました。私はすごく(雪子の息子の)あきおに助けられましたね。あきおの存在が、この映画のすべてだと思います」と初映画出演となった子役の阿比留さんを称賛した。

 また、この映画の内容にちなんで「同窓会に行ったりすることはありますか?」と聞かれた前田さんは「私は呼ばれたことがないんです。この映画でもそうですけど、皆さん『10年ぶり(に会った)』とかって言うのをよく聞くので、うらやましいです」と苦笑しながら答えていた。

 雪子の同級生、豊川を演じた高良さんは「同世代が多かったので、みんなで動きや笑いを考えるという、なかなかない現場で楽しかった」とコメント。亡くなった同級生・吉田を演じた白洲さんは、棺に入ってる場面が多かったため「棺桶の中はすごく暑いので、氷を抱きながら演じてました」と、文字通り熱(暑)い撮影の裏話を明かした。

 最後に前田さんは「茨木市の方で、見てない人は誰もいないよっていう作品になったらうれしい。ここから全国をゆっくり回っていけたらいいなあと思います」と語った。映画は9月20日から全国でも公開される。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る