MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「HELLO WORLD」 3DCGの女の子が可愛い! 最後の最後まで先を読めない

アニメ 映画
「HELLO WORLD」の一場面(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会

 アニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」「僕だけがいない街」などの伊藤智彦監督のオリジナル劇場版アニメ「HELLO WORLD」がTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田)ほかで9月20日に公開される。「正解するカド」などの野崎まどさんが脚本、「けいおん!」などの堀口悠紀子さんがキャラクターデザインを担当。「楽園追放 -Expelled from Paradise-」などのグラフィニカが製作するなど豪華スタッフが集結した。

 舞台は2027年の京都。内気な男子高校生・堅書直実(かたがき・なおみ/北村匠海さん)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年ナオミ(松坂桃李さん)が突然現れる。ナオミによれば、同級生の一行瑠璃(浜辺美波さん)は直実と結ばれるが、その後、事故で命を落としてしまうという。直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、現実世界に隠された秘密を知ることになる。声優として福原遥さん、子安武人さん、寿美菜子さん、釘宮理恵さんらが出演する。

 映像の美しさに驚かされる。堀口さんの描くキャラクターは可愛さに定評がある。これまでも3DCG化されたことはあるものの、長編の劇場版アニメになった時、可愛く見えるのだろうか?と思っていたのだが、見てみるとそんな懸念は払拭(ふっしょく)された。ヒロインの瑠璃が可愛く、直実も可愛らしい。ナオミも格好いい。日本のアニメ独特の美少女キャラを3DCGで表現するための技術は日々進化しているのだな……と実感した。

 脚本担当の野崎さんは「正解するカド」「know」などの作品でも先を読ませなかった。今回の作品も、最後の最後まで何が飛び出てくるのか分からない。エンドロールまでじっくり見てほしい。(小西鉄兵/MANTAN)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る