ムロツヨシ:吉永小百合の膝枕“阻止”され嘆き節 「一生の思い出になるはずが…」

映画
映画「最高の人生の見つけ方」の初日舞台あいさつに登場した(左から)天海祐希さん、吉永小百合さん、ムロツヨシさん

 俳優のムロツヨシさんが10月11日、東京都内で行われた映画「最高の人生の見つけ方」(犬童一心監督)の初日舞台あいさつに、主演の吉永小百合さん、天海祐希さんらと共に登場。天海さん扮(ふん)する女社長・剛田マ子の秘書・高田学を演じたムロさんは、吉永さん演じる幸枝に膝枕してもらうシーンが、天海さんの“アドリブ演技”で実現しなかったといい、「楽しみだった。一生の思い出になるはずのシーンが……」と嘆き節だった。

 ムロさんは「(吉永さんと天海さん)2人をサポートする役柄にやりがいを持って毎日緊張しつつ、楽しい日々でした」と共演を喜びつつ、「ただ一つだけ、『スカイダイビングから降りて元気がない高田を介抱する幸枝、膝枕をしている高田』、そこにマ子社長が来て『デレデレしてんじゃないわよ』、これが台本です」「いざテストをやってみたら、膝枕に行く途中に『ノー膝枕』というアドリブですね。私は一切顔を近づけられず。何回やってもそうでした。監督も一切何も言わなくて……」と切ない思いで振り返った。

 天海さんは「立場的に(ムロさん演じる)高田が甘えているところが多分許せなかったんだと思う。マ子さん的に」とアドリブを入れた理由を明かし、「それでも(ムロさんが)押しつけようとしたから攻防戦があるわけですよ」と説明。ムロさんは「一生の思い出になるはずのシーンが……」と悔しがり、天海さんから「あ~残念だったですね。今回は無理でした。次回でお願いします」と突き放されると、「そんな毎回、膝枕のシーンないと思うんですけど……」と嘆いて笑いを誘っていた。

 映画は、ヒットした米映画「最高の人生の見つけ方」(2007年)の日本版。米映画版を原案に、人生のほとんどを家庭にささげてきた大真面目な主婦の北原幸枝(吉永さん)と、人生のほとんどを仕事にささげてきた大金持ちの女社長、剛田マ子(天海さん)の2人の女性の物語が描かれる。余命宣告を受けた2人は、同じ病院に入院する12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」をたまたま手にし、リスト全てを実行するというありえない決断をする……というストーリー。

 舞台あいさつには、満島ひかりさん、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)、前川清さん、犬童監督も出席。吉永さんは「考えてみたら金曜日公開の映画に出演するのは初めてです」と明かし、「もしこれが土曜日だったら、明日は台風でごあいさつできなかったと思うと、本当に私たちラッキーだと思います」と語った。

 さらに、初日を迎えたことを祝し、一人でも多くの人に作品が届いてほしいという願いを込めて、登壇者全員で紙飛行機を客席へ飛ばすと、天海さんは「(今作は)宝物のような映画。心を込めていろんな方に届けば、いろんな方の背中を押すような作品になってくれたら、こんなに幸せなことはありません」と感慨深げに話し、「いろいろ大変なこともあるかもしれませんが精いっぱい、頑張って、いっぱいいっぱいすてきな思い出を作っていい人生にいたしましょう」と呼びかけていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る