中川大志:好きな人の前だと「自然体でいられなくなるのは分かる」 ドラマ「G線上のあなたと私」の役柄に共感

テレビ
連続ドラマ「G線上のあなたと私」に出演する波瑠さん(右)と中川大志さん

 10月15日スタートの連続ドラマ「G線上のあなたと私」(TBS系、火曜午後10時)に出演する中川大志さんと、主演の波瑠さん。劇中で、兄・加瀬侑人(鈴木伸之さん)の元婚約者で、バイオリン講師の久住眞於(桜井ユキさん)を好きになってしまうイケメン大学生の加瀬理人を演じる中川さんに、共感できる点について聞くと、「本気で好きだから、その人の前で素の自分を出せない、自然体でいられなくなるのは分かります」と照れ笑いを浮かべていた。

 2人は9月29日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward(ガールズアワード) 2019 AUTUMN/WINTER」に出演。イベントの合間に、取材に応じた。

 ドラマは、「あなたのことはそれほど」などで知られるいくえみ綾さんのマンガ(集英社)が原作。寿退社間近に婚約を破棄され、仕事と恋人を失った小暮也映子(波瑠さん)が通い始めるバイオリン教室を舞台に、恋と友情を描く。中川さんは、也映子がバイオリン教室で出会うイケメン大学生の理人を演じている。

 演じていて難しいと感じたことについて聞くと、「僕は姉がいるんですが、兄がいないので。実際に自分に男兄弟がいたとしたら、(兄の)元カノを好きになるかというイメージが、苦労しているところです」と明かす。

 本作は也映子と理人、也映子のバイオリン仲間・北河幸恵(松下由樹さん)の3人が中心となって、ストーリーが展開される。波瑠さんと松下さんとの共演について、中川さんは「いい感じだと思います(笑い)。すごく楽しいです」とにっこり。「松下さんも波瑠さんも、いろんなアイデアが現場で出てきて、いろいろと試しながら撮影しています。そこは自分も負けないようにしないと」と意気込んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る