いだてん:第40回「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 五輪招致活動大詰め 田畑が語る「オリンピック噺」… 北島康介も登場! 

テレビ
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第40回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第40回「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が10月27日に放送される(NHK総合、日曜午後8時ほか)。1959年、東京オリンピックの招致活動が大詰めを迎えていた田畑政治(阿部サダヲさん)は、東京都庁にNHK解説委員の平沢和重(星野源さん)を招き、来たるIOC総会での最終スピーチを引き受けるよう頼み込むが……。

 断る平沢に対し、全てを失った敗戦以来、悲願の招致のために全力を尽くしてきた自分の「オリンピック噺」を語って聞かせる田畑。それは、戦後の食糧不足の中、浜松で天才・古橋廣之進(北島康介さん)を見いだすところから始まる。五輪競泳金メダリストの北島さんが、“フジヤマのトビウオ”と異名をとった国民的ヒーローの水泳選手・古橋としてドラマデビューを果たす。

 「いだてん」は、日本人五輪初出場の明治末から、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。

 第39回では、脳出血で倒れながらも一命を取り留めた志ん生(ビートたけしさん)が、弟子の五りん(神木隆之介さん)に、戦争中に満州へ兵士たちの慰問興行に行った時のことを語りだす。三遊亭圓生(中村七之助さん)と共に満州を巡っていた孝蔵(森山未來さん)は、小松勝(仲野太賀さん)と出会っていて……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る