菅田将暉:「3年A組」では「当たり前の哲学を発信」 「伝わらなければやめようと」と強い信念も

テレビ
「東京ドラマアウォード2019」で主演男優賞を受賞した菅田将暉さん

 俳優の菅田将暉さんが10月28日、東京都内で行われた「東京ドラマアウォード2019」の授賞式に出席。今年1月期に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で主演男優賞を受賞した菅田さんは、司会の石坂浩二さんから「「屈指の演技派ですね」との言葉をかけられると、「それでマイクを向けられると、ちょっと照れます」と返し、会場の笑いを誘った。

 菅田さんが主演を務めた「3年A組」は、2年前にある高校に赴任してきた3年A組の担任教師の柊一颯(ひいらぎ・いぶき、菅田さん)が、10日後に卒業を控えるA組の生徒を人質に取り、「最後の授業」を行うという学園ミステリー。同アウォードでは作品賞「連続ドラマ部門」のグランプリに輝いた。

 菅田さんはドラマでの演技について、「外側の仮面を全てはぎ取って、僕らの思う、当たり前の哲学を発信しようとした」といい、「スタッフとともども、この哲学が世の中に伝わらなかったら、もうやめようと思った」と強い信念を持って撮影に挑んだことを明かした。

 「東京ドラマアウォード」は、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、優れたテレビドラマを表彰する賞で、今年で12回目。2018年7月~19年6月に放送されたドラマが対象。「透明なゆりかご」(NHK)の清原果耶さんが主演女優賞、「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)の横浜流星さんが助演男優賞、「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の黒木華さんが助演女優賞を受賞した。

 単発ドラマ部門の作品賞は、佐藤浩市さんが10年ぶりにテレビ東京で主演を務めた「Aではない君と」がグランプリに選ばれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る