WOWOW:「勝手に演劇大賞2019」今年も開催 10回目記念しSPトークイベントも

「勝手に演劇大賞2019」のロゴ
1 / 1
「勝手に演劇大賞2019」のロゴ

 視聴者の投票によって、演劇界で“最も輝いていたと思う作品・演出家・俳優”を勝手に表彰するWOWOWの「勝手に演劇大賞2019」が開催されることが11月1日、分かった。今年で10回目。

 今年、国内で上演された全ての作品が対象で投票期間は12月31日まで。結果は来年2月に特設サイトで発表される。投票各賞は「作品賞」 のストレートプレイ部門、ミュージカル部門、2.5次元部門、 「演出家賞」「女優賞」「男優賞」「新人賞」。投票した人の中から1人に、オリジナルオペラグラス「カブキグラス」がプレゼントされる。

 WOWOWのオリジナルミュージカルコメディー番組「グリーン&ブラックス」に出演するミュージカル俳優の井上芳雄さんは「一番感動したミュージカルは、名古屋で見た劇団四季の『ノートルダムの鐘』でした。ストレートプレイですと、『ドライビング・ミス・デイジー』。名作とは聞いていましたが、初めて見ました。市村正親さんと草笛光子さん、堀部圭亮さんの3人芝居で素晴らしかったです。アメリカの翻訳劇ではありますが、どこの国の話というのは関係ない、人と人の話になっていて、シンプルではあるのですがすてきな作品でした。草笛さんをはじめベテランの皆さんの演技を見ていると、僕もお芝居を続けてこんなふうになりたいという希望になりました」とメッセージを寄せている。

 開催10回目を記念して、WOWOWの加入者の25組50人を招待するスペシャルトークイベントの開催も発表された。イベントは12月8日に都内で。フリーアナウンサーの中井美穂さんと演劇ジャーナリストの徳永京子さんのほか、ゲストも出演する予定。

 ◇過去3年間の受賞歴は以下の通り(敬称略)

 「勝手に演劇大賞2018」▽演出家賞:いのうえひでのり▽女優賞:天海祐希▽男優賞:鈴木拡樹▽作品賞:ミュージカル部門「ナイツ・テイル-騎士物語-」/ストレートプレイ部門「ヘンリー五世」/2.5次元部門「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」

 「勝手に演劇大賞2017」▽演出家賞:森新太郎▽女優賞:濱田めぐみ▽男優賞:井上芳雄▽作品賞:ミュージカル部門「ビリー・エリオット~リトルダンサー~」/ストレート部門「子供の事情」

 「勝手に演劇大賞2016」▽演出家賞:藤田俊太郎▽女優賞:花總まり▽男優賞:浦井健治▽作品賞:ミュージカル部門「ジャージーボーイズ」/ストレートプレイ部門「NODA・MAP 逆鱗」

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る