同期のサクラ:前半を振り返るマンガが公開 「ただの同期入社」が「本当の仲間」になるまで描く

テレビ
連続ドラマ「同期のサクラ」のマンガ=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の前半を振り返るマンガが11月11日、ドラマの公式サイトで公開された。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。サクラ(高畑さん)と同期社員たちの10年間を描いている。

 公開されたマンガには、希望の土木部に配属されず、人事部あずかりになってしまったサクラが、いつか土木部へ異動する日を目指してまい進する姿や、祖父からのファクス、サクラが会社を辞めようとする同期の百合(橋本愛さん)に、「ブス!」とののしるシーンなど、「ただの同期入社」が「本当の仲間」になるまでが描かれている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る