おっさんずラブ-in the sky-:黒澤機長の愛の告白に視聴者興奮 まさかの“関係”に突っ込みと笑いも

テレビ
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第2話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の新シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第2話が11月9日に放送された。黒澤機長(吉田鋼太郎さん)が新人CA・春田創一(田中さん)に「ぶっちゃけ、春田君のこと、好きになってもいいですかーーーーーー!?」と絶叫して愛の告白をする場面が放送され、視聴者を興奮させた。

 第2話は、航空会社「天空ピーチエアライン」の新人CA(客室乗務員)の春田が、橘緋夏(佐津川愛美さん)とデートに出かける約束をする。その翌朝、春田は黒澤から“空港の中心”に呼び出される。美しい飛行場の夜景をバックに、黒澤が告白。春田が困惑している仕草を、黒澤は「OK」と勘違い。自ら鐘を打ち鳴らして喜ぶ。翌日、春田が緋夏の自宅でキスしそうになると、なぜか黒澤が現れ、黒澤と緋夏が親子関係であることが発覚する……という展開だった。

 吉田さんの純粋すぎる演技に「キャプテン可愛い笑」「吉田鋼太郎さんが乙女で可愛すぎるんですけどー」「自分で鐘鳴らしちゃったよ」「吉田鋼太郎さんの演技が天才的」「今週のクライマックス」と興奮の様子の視聴者が急増。さらに黒澤と緋夏について「まさかの関係」「娘と同じ人をって、いくら何でも気まずすぎるだろw」「奥さんの次は娘か(笑い)」と突っ込みと笑いが起きていた。

 「おっさんずラブ-in the sky-」は、35歳にしてリストラされ、転職して航空会社で働くことになった、モテないポンコツ独身男の春田に、突然のモテ期がやってくる。“グレートキャプテン”と呼ばれるほど技術、人柄ともに優れたパイロットの黒澤が、一生懸命お客様のために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり、恋してしまう……というストーリー。

 16日放送の第3話は、緋夏と黒澤が“親子関係”であることに衝撃を受ける春田だが、黒澤も「愛する娘と、愛する春田は、恋仲なのか!?」と泣き叫ぶ。春田を巡る“父娘”の仁義なきラブバトルが幕を開けようとしていた。一方、整備士・四宮要(戸次重幸さん)は、春田とともに訪れた母校で一緒にピアノを弾き、秘めた思いが爆発寸前。副操縦士・成瀬竜(千葉雄大さん)が“ある秘密”を抱えていると知った春田は、雨の中、思わず成瀬を抱きしめ……という展開。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る