大谷亮平:恋愛観を告白 「恋愛には一途」

テレビ
ドラマ「リカ」に出演する俳優の大谷亮平さん=東海テレビ提供

 東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送中の、女優の高岡早紀さんの主演ドラマ「リカ」(土曜午後11時40分)に出演する俳優の大谷亮平さん。高岡さん演じる雨宮リカにターゲットにされる、映画会社のプロデューサー本間隆雄を演じている。「高岡さんとお芝居を一緒に作り上げる今がとても楽しい」と話す大谷さんが、高岡さんの印象や自身の恋愛観について語った。

 ドラマは、五十嵐貴久さんの「リハーサル」「リカ」(幻冬舎文庫)が原作の2部構成。第1部では、リカが小池徹平さん演じる病院の副院長、大矢昌史をターゲットにする姿が描かれた。

 ◇

 --撮影も進み、改めて本間隆雄役の印象を伺えますでしょうか?

 家庭がうまくいっていないことも含め、本間は今の時代によくあるケースの男性という気がしました。ただ普通の人間だからこそ、このような事件に巻き込まれるキャラクターとしてはぴったりな人とも思います。

 --男性の視聴者は、少し共感できるところもあるのかもしれないですね……!?

 マッチングアプリは、家庭がある方はあまり使ってはいけないツールかもしれませんね(笑い)。でも、「そういうことになるのか、なるほどなあ」と、感情移入していただけるとうれしいです。

 --リカとのシーンも始まり、高岡早紀さんの印象を改めて伺えますか?

 台本を最初に読み始めてから、高岡さんに実際にお会いするまで、高岡さん=リカというイメージを強く持っていたので、高岡さんを少し怖く感じてしまっていたところもありました。ただ実際にお会いしてみると、とても明るくて気さくな性格の方で、大先輩ですが一緒にいてとても楽な印象です。いろいろと大変なシーンも多いですが、高岡さんとお芝居を一緒に作り上げる今がとても楽しいです。

 --リカのような恋愛に一途(いちず)な思い、理解できるところはありますか?

 あります。もちろん気持ちを抑えはしますが、思いはリカ寄りかもしれません。自分で言うのも変ですが、僕は恋愛には一途なので、手段を選びつつ、どうしたらいいかと結構頑張るほうですね(笑い)。

 リカは境界線を越えて“純愛モンスター”側に行ってしまいましたが、彼女のその思い自体は、共感できる方も多いのではないでしょうか? そして、実は誰もが紙一重ではないかと感じるところもあります。

 --高岡さんは、「男性にはリカの気持ちは分からないのでは」とおっしゃっていました。

 「この女性しかいない」。そう思い込んだ時は、たぶん女性より男性のほうが気持ちは強いと思います。女性のほうが、理性で抑えられる部分が強いと僕は思ってしまいます……。

 好きな気持ちがあっても「別れよう」と言えるのはどちらかといえば女性のほう。よく、男の人のほうが子供だといわれるゆえんは、そういう部分もあると思いますが、違うのかな!?(笑い)。

 --女性の視聴者からは、本間とリカのやりとりを見て、「ちょっとリカがかわいそう」というご意見もある様子です。

 女性のほうがリカに共感できる部分が多いのは分かります。でも、リカはやっぱり少しいきすぎていますよ、追い込まれる側としては特に感じます(苦笑い)。

 --ちなみに、“運命の人”みたいなことは、信じていますか?

 そんな人はいないと思っていましたが、いるのかもと思い始めました。ここのところ知人の結婚の報告を受けるたびに、「赤い糸ってあるよ」「ピンとくる人いるよ」というのを聞くので(笑い)。

 いまだ半信半疑ですが、自分にもそういう人はいると思い始めていて、“運命の人”を楽しみに待つことにします(笑い)。

 --リカのように愛する人を手に入れるためなら、僕はこうしたいなど、少しお話いただけませんでしょうか……。

 僕もリカではないですが、(気持ちが)本当に裏目に出るタイプで、何をやってもダメなんです。どこか格好つけてしまい、自然ではなくなってしまって相手に気持ちが届かないパターンも多いですし……。もう、このくらいにしておきましょうか(苦笑い)。

 --視聴者の皆さんにメッセージをお願いいたします。

 リカ VS 本間家の戦い、見どころのピークはやはりそこになると思います。リカは本間を手に入れるためなら手段を選ばない女性なので、犠牲者も出ている今、本間が一番大切に思っている家族を守りぬけるのか!?

 実際にリカと対峙(たいじ)しての修羅場も見ごたえがあると思いますし、娘に危機が及んだときの本間の本気度、その“VS”を楽しんでいただければと思います。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る